Home > 引越しの際に問題になるもの > 効率の良い引越しの荷造りの仕方

効率の良い引越しの荷造りの仕方

引越しをするという事は、精神的にも肉体的にもとても大変な事です。
まず、期日までに荷造りをしなければならないことも大変な事ですが、それ以上に、新しい引越し先で、
荷物をきちんと片づけて日常生活が出来るまでにするという事も、とても大変な事です。

新しい日常生活を早く簡単にするためには、引越しをする時の、荷造りの仕方がとても重要になります。

ダンボールに、あまり考えずに全て詰め込んでしまう人がいますが、これは、一番やってはいけない事です。

ダンボールの中身が、どこの部屋のもので、誰のものであるかわかる事がとても重要です。

そして、もう一つ重要な事は、そのダンボールが、新居のどこの部屋のものであるかわかる事が大切です。

それは、自分だけとか家族がわかれば良いというものではありません。
引越しをしてくれる業者さんが一目見てわかるようにしておかなければなりません。
業者さんは、荷物をトラックに積んで、新居に到着したら、荷物をどんどんおろして運んでくれます。

その時に、ダンボールが、新居の必要な場所に運んでくれていれば、引越し後の片づけが確実に楽になります。

また、梱包する時に一番注意が必要なのが、食器などの割れ物です。
1枚ずつ新聞紙やタオルで包んでいきます。
その時に、すきまを作らない様に詰めていきます。

すきまが出来てしまったら、新聞紙などで埋めていきます。
食器は、それだけでも重いので、あまり大きなダンボールを使って詰め過ぎないように注意をしなければなりません。

最後に割れ物であることを明記しておきます。
引越しは、荷造りで決まります。
引越し後を考えた荷造りをすることをおすすめします。

Home > 引越しの際に問題になるもの > 効率の良い引越しの荷造りの仕方

Search
Feeds

Return to page top