Home > 引越しの際に問題になるもの > 引越しで冷蔵庫を扱う際の注意点

引越しで冷蔵庫を扱う際の注意点

引越しの際には冷蔵庫を運搬する必要がありますが、いくつかの注意しなければならない点があります。

まずは、冷蔵庫の中に入っている物をすべて外に出すということです。
中に物が入っていると、運搬している途中に飛び出してしまったりする危険性があります。

また、食料品などの場合傷んでしまう危険もあるので注意が必要です。
また、当然のことですが、電源を抜いておくことも重要です。
あらかじめコンセントを抜いておかないと、引越しをしている最中に、冷蔵庫内の霜が溶けて水が出てしまうことがあるためです。

そうなると荷物などが水浸しになってしまうこともあるので、引越し前に冷蔵庫は電源を抜いておき、ある程度霜が溶けたら雑巾やタオルなどで中を拭いておくと安全です。

引越し業者に依頼して物を運搬する際には、あまり心配することはありませんが、トラックなどを使って自分達で運ぶ際にはほかにも注意することがあります。

例えば、冷蔵庫のドアやトレイなどをガムテープなどで固定しておいたり、水漏れを防止するために下にシートを敷いたり、傷つけないために毛布などを敷いておくことで安全に運ぶことが出来ます。

また、横積みはしないで出来るだけ縦に置いて運ぶことも重要です。
これは、車の振動などで冷却システムにコンプレッサー内のオイルが入り込んでしまったりすると故障してしまう可能性もあるためです。
このように、引越しの際には様々な点に注意して冷蔵庫を扱うことが大切です。

Home > 引越しの際に問題になるもの > 引越しで冷蔵庫を扱う際の注意点

Search
Feeds

Return to page top