Home > 引越しの際に問題になるもの > 引越しの時のテレビの取り扱い方

引越しの時のテレビの取り扱い方

引越しと言うのは、色々なことを気にしなければならない大変なことですが、とても重要になってくるのは何と言っても荷造りです。

忙しくて余裕がないからと言っていい加減な方法で荷造りをしてしまうと、運ぶ途中に破損したりして、引越し先で荷解きを行った時にショックを受けることになりかねません。

ちなみに、壊れやすいアイテムの代表的な物と言えばテレビです。
画面は繊細ですし、精密機器ですから大きな衝撃も与えない方が良いです。

また、テレビの種類によってはかなり大きさも重さもありますから、十分注意が必要です。

テレビは高価な物ですから、とにかく取り扱いは慎重に行うことが大切です。
具体的な荷造りの方法としては、やはり画面の保護はしっかりと行っておきたいところです。
その際に、エアキャップで包む手もありますが、毛布など、他の物で代用すると言うのも一つの手です。

一番良いのは買った時の箱があることで、これに元に戻す感じで入れれば安全ではありますが、捨ててしまって残っていない人もいるでしょう。

ただし、この時の状態を思い起こして、同じような状態にすることで安定感が出ますから、参考にすることは大切です。

ちなみに、引越しするのがまだまだ先と言う時にテレビの荷造りを行い、その後になって観たい番組が出てきた時には、かなり面倒なことになります。

ですから、心配であればテレビは後回しにして他の、しばらく使わないであろう物から荷造りを進めていくと良いでしょう。

Home > 引越しの際に問題になるもの > 引越しの時のテレビの取り扱い方

Search
Feeds

Return to page top